日焼けのケア

紫外線が強いことはわかっていた…のにしでかしてしまった!!症状が出てから後悔してももう手遅れ。ですが正しいケアをして肌の再生機能の手助けをすることは大事ですし、それは同時に不快な症状の緩和に繋がります。
焼けて赤くなってしまった時は冷たい水で湿らせたタオルを当てたり、氷で冷やすようにします。全身に日焼けをしてしまった場合は水風呂につかって全体を冷してみるのも良い方法です。

水泡ができたら清潔なガーゼで保護して皮膚科で治療をしてもらいましょう。頭が痛くなったり熱が出たりしたら日の当たらない涼しい場所で休養をとります。
また注意としてはひどい日焼けのあとに化粧品を塗ると症状が悪化しかねないので、当分は口紅などのポイントメークにするのが賢明です。衣服の着脱も慎重にしないと皮膚がこすれて悪化します。お風呂の温度も低くしましょう。

そして更なる日焼けはダメージを重ね、肌の状態悪化の原因になるので、できるだけ日光も避けることが大切です。
日焼けは「紫外線被ばくによる火傷」に他なりません。できるだけきちんと対策をし、避けられなかったときは適切な処置をするようにしましょう。
キレイな肌を手に入れるためには、細々としたところに気を配る必要があります。どんな人も自分なりに頑張っています。