月別アーカイブ: 2017年3月

夏の美容ケアはやっぱり美白

Published / by gVLMpRa7QvkcK

毎日スキンケアをしているのですが、季節によってスキンケアの内容も変えていった方が良いですよね。
今だったら美白ケア。夏になると紫外線からお肌を守りたいので、シミや日焼けなどに効く美白ケアが充実したアイテムを使いたいですよね。

冬は乾燥するのでお肌が乾燥しないためにも保湿ケアが充実したアイテムを使っていたのですが、夏は美白ケアに力をいれていこうと思っています。
20~49歳の女性500名を対象にした、夏におこなうスキンケアでも、1位は美白ケア、2位が保湿ケア、3位は毛穴ケアというように、やっぱり美白ケアが人気が高かったそうです。

みんな、夏は紫外線が気になるから美白に力を入れたくなりますよね。
美白をしにエステに行ったり、ビタミンCなど美白に良いといわれる成分の入った美容液を使ったり、日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策をしたりといろいろやっていると思います。
私も、紫外線はこわいですので、美白ケアはていねいにやっていきたいですね。

お肌の糖化を予防しよう

Published / by gVLMpRa7QvkcK

加齢にともなってお肌も老化するのですが、お肌が老化するには年齢の老化もありますが紫外線からくる老化もありますよね。

いつまでも、うるおいやハリのある美肌でいたいのですがそうもいかないのが現実です。
老化で気をつけたいのが糖化という現象だそうです。糖化は、お肌が黄ばんだりたるんだりしてしまいます。炊き立てのご飯が時間を置いておくと黄色くなっているのを見たことがあると思いますが、あれも糖化しているということだそうです。それが、自分の肌でも起こると思うといやですよね。日本では美白が良いといわれているのに、お肌の色が黄ばんでいったらショックです。

糖化はひどい時には糖尿病になったりと健康面でも影響があるので注意が必要だそうです。糖尿病は、合併症にもなりやすいですし、こわい病気ですよね。糖化を予防するには野菜を先に食べることが良いそうです。これから、食事をする時は野菜を先に食べること心がけて糖化を予防していきたいですね。

水で健康に

Published / by gVLMpRa7QvkcK

水がないと生きていけないですよね。それほど生命にとっては重要なもの。であれば、やっぱりいい水は体にもいいように影響すると思うんだよね。
逆に言えば、悪い水を飲めば不健康にもなり得るという事。

海外に行って、生水飲んでお腹を下す人もいるし、やっぱり水ってすごい力を秘めていると思う。
最近耳にしたのが「水素水」です。
友達も飲んでいると言っていた。しかしサーバーだけでかなり高額の様です。

あまり高額だと支払いが難しいので、いい水で手頃な値段がいいですね。
ペットボトルの水は結構安いですよね。もちろん高いのもあるけど・・・・。
ネットで買うと更に安い。しかもいろんな種類の水が買えるので便利です。ちょとペットボトルが捨てるのが大変になるけどね。

冷蔵庫もかなりスペースとっちゃうしね。水道から直接いい水が出ると便利なんだけどね。
我が家では宅配水を利用していますが、それは普通の天然水ですからね。

そしたら友達の家で、普通の水道の横に浄水器用の水道がついていた。
水を飲むときはそっちで飲むんだって。

ただ浄水器はカートリッジ交換も必要になるので案外お金もかかるそうです。
浄水器の機能があがるとカートリッジも高い。まぁ当たり前の事か。

日焼けのケア

Published / by gVLMpRa7QvkcK

紫外線が強いことはわかっていた…のにしでかしてしまった!!症状が出てから後悔してももう手遅れ。ですが正しいケアをして肌の再生機能の手助けをすることは大事ですし、それは同時に不快な症状の緩和に繋がります。
焼けて赤くなってしまった時は冷たい水で湿らせたタオルを当てたり、氷で冷やすようにします。全身に日焼けをしてしまった場合は水風呂につかって全体を冷してみるのも良い方法です。

水泡ができたら清潔なガーゼで保護して皮膚科で治療をしてもらいましょう。頭が痛くなったり熱が出たりしたら日の当たらない涼しい場所で休養をとります。
また注意としてはひどい日焼けのあとに化粧品を塗ると症状が悪化しかねないので、当分は口紅などのポイントメークにするのが賢明です。衣服の着脱も慎重にしないと皮膚がこすれて悪化します。お風呂の温度も低くしましょう。

そして更なる日焼けはダメージを重ね、肌の状態悪化の原因になるので、できるだけ日光も避けることが大切です。
日焼けは「紫外線被ばくによる火傷」に他なりません。できるだけきちんと対策をし、避けられなかったときは適切な処置をするようにしましょう。
キレイな肌を手に入れるためには、細々としたところに気を配る必要があります。どんな人も自分なりに頑張っています。

真剣に英語力を身につけたいなら、カプラン

Published / by gVLMpRa7QvkcK

英会話って、本当に話せるようになりたいなら、やっぱりそれなりのスクールに通わないとなかなか話せるようにならないと思います。。ほんとは、留学するのが一番いいのかもしれませんが、学生ならまだしも、仕事をしながら勉強している大人には、留学は難しい。。

独学で、自分でリスニング教材を買ったり、今やインターネット社会なので、英会話のアプリやサイトをダウンロードして勉強するのも流行りかもしれませんが、よっぽど強い意思がないとそれも途中で挫折しそうです。。
そうなると、しっかりとしたスクールに通うのがいいのかな!?と自然に思ってしまいます。。

本格的なスクールって、どんなところがあるのだろう??って思って、いろいろ調べてみたら、『カプラン』っていうところが、いい感じみたいです。
本格的というか正統派の英語スクールという印象。。そこの生徒の話が出ていたので、見てみると『人生が変わった!!』と感想が書いてありました。

確かに、英語が話せるようになったら、人生が大きく開けるような感じがしますよね~!!英語は英語教室がたくさんあるからいいですよね。ドイツ語はドイツ語教材などで頑張るしかないですからね。

貯金したい!

Published / by gVLMpRa7QvkcK

やっぱり夢はマイホーム。だから貯金したい。子供のいるので将来の為にも貯金したい!
だけどできない自分がいる。
あるとあるだけ使ってしまうおバカです。子供の「〇〇行きたい」というのでついつい連れて行ってしまって結局手元に残らない。
どうしたらこれを脱出できるかな?

やはり口座を2こ作ったり、積立したりしてすぐには引き出せないようにするのが手っ取り早いかな?
平日の昼間に口座を作りに行く時間があまりないので・・・・
思いついた方法は、給料日に1ヶ月分のかかる費用をまとめておろしておくこと。

そして次の給料日までは絶対におろさないと決めるのはどかなって思ってこの前の給料日はそうしてみた。
最初は大金をいっぺんにおろすのに抵抗があったけど、全部財布に入れるともちろん使ってしまうので、家の大事なところにしまう事にしました。

数万だけ財布に残して、それ以外は封筒に入れて保管。足りなくなったら出す感じ。
これでやりくりしたら良さそうな気がする。今は初めて数日経つけど出だしはいい感じ。
今月あと〇〇円使えるって認識するのもいいことなきがするんだ。この調子で頑張りたいなと思っています。

土地によってもスキンケアを変える

Published / by gVLMpRa7QvkcK

季節によってスキンケア化粧品をかえることは当たり前になってきましたが、土地によってもスキンケア化粧品を変えた方が良いそうです。
あまり考えたことがありませんでしたが、言われてみればそのとおり。土地によって気候が違いますから気温や湿度もかわってきます。
日本でも、北海道と沖縄ではぜんぜん気候が違いますし、都会と田舎でも気候がかわってきます。

雨が多い日本海側と乾燥した空気の都会では湿度もちがってきますから、ケアの方法も変えた方が良いのは納得ですよね。
海外なんかに行くと気候がぜんぜん違うのでよくわかりますが、国内といえども住んでいる土地にあったスキンケアをすることが、お肌をきれいにするポイントなのかもしれません。

今まで、季節によってでしかスキンケアを分けていなかったのですが、これからは土地のことも気にしてスキンケア化粧品を選んでみようと思います。
今まで合っていなかったスキンケア化粧品はもしかした、土地の気候に合っていなかったのかもしれませんよね。

日常の中での紫外線対策

Published / by gVLMpRa7QvkcK

日焼けしないために、生活の中で少し気を付けるとリスクがぐんと減らせる方法がいくつかあります。
まずは午前10時から午後2時の最も日差しの強い時間は、直射日光にあたらないようにすること。そして日中の外出の際はなるべく帽子・日傘・サングラスを使うことが鉄則。目が紫外線を認識しただけでも脳に「メラニンを出せ!!」という指令がいきますので、サンタンを助長することになります。衣服は濃い色の長袖がベストです。UPF表示のあるものも多くなっているので参考にするといいです。

そして必ず日焼け止めを塗ること。分量・有効時間を守り、時間ごとに塗り変えることが大切。肌の負担を考えるとSPFを確認してしっかり使い分けることも必要。日常生活では低めのもの、戸外のレジャーなどの際は高いものを選ぶようにします。

南の地域や標高の高い山はとくに紫外線が強いので、他の地域と比べると特別に警戒が必要となってきます。また海やプールなどの水辺では水の反射により体に浴びる紫外線量が激増します。そして水中でも紫外線は届くので油断は禁物です。UVカットに気を配りながら肌を守って健康的な生活を送りましょう。

紫外線の体への被害

Published / by gVLMpRa7QvkcK

メラニン色素はふつう、新陳代謝によってはがれ落ちますが、紫外線を大量に浴びるなどの刺激によってメラニンの生成が日焼け後にも続いてしまってできるのがシミやソバカスです。
またメラニンの生成が少ない場合、紫外線の影響は細胞まで到達してDNAにキズをつけてしまいます。人は60兆個の細胞からできていますが、夏の正午に1時間紫外線を浴びると、その1個の細胞の遺伝子に100万個の傷ができます。

通常は細胞自身の力で元に戻せるのですが、ときにはうまく治せないことがあり、細胞に突然変異が生じます。この積み重なりによって起こるのが皮膚ガンです。
昔は日光浴をすると丈夫になると信じられていましたが、実は紫外線が体の免疫機能を司る細胞にダメージを与え、免疫力を低下させることがわかってきました。丈夫になるどころか体の抵抗力が弱くなる可能性があるのです。

免疫機能が低下すると体調を崩したり風邪を引きやすくなったり口のまわりにヘルペスなどの症状が出やすくなります。しかし規則正しい昼型生活も肝心。日光を避けて生活するのではなく、紫外線から体を守り、健康的に過ごしましょう。

メタボな旦那が加圧シャツで大変身

Published / by gVLMpRa7QvkcK

年々進むメタボなお腹の旦那に、どうにかお腹周りをスッキリしてほしいと加圧シャツをプレゼントしました。

ダイエットを促してもしてくれませんし、夜のビールはもちろん止める気もありません。運動はゴルフが好きでしているぐらいでした。

プレゼントしてからは毎日寝るときに着用するようにしてもらいました。きつい締め付けを感じなかったようで、特に不便さはなかったようです。

着用し始めて少し経った頃、気のせいか少し痩せたようにみえました。旦那もそれが嬉しかったのか、少しダイエットを始める気になってくれました。

加圧シャツと合わせて、少しの食事制限と運動を始めるようになったのです。そうすると、みるみるうちに体重が落ちて来ました。

メタボだったお腹周りも加圧シャツと運動のダブル成果でスッキリして、少し筋肉すらあります。久しぶりにカッコよくなった旦那を見たと思いました。

メタボになった旦那を改善したい方には加圧シャツを是非お勧めしたいです。